安心して飲める

中国茶

注意点を把握

健康や美容への意識は1人1人で異なり、健康茶へ求める内容も様々です。ダイエットや病気の予防や改善、回復などが一例に挙げられます。お茶と一口に言っても、代表的な緑茶をはじめ、ハーブティーなども健康茶に分類され、特に女性に人気です。ですが、お茶には妊娠中や小さな子供、高齢者が飲むには制限がかかる副作用のリスクもゼロではないため、心配な方や医師にかかっている場合には相談の上、飲むことで安心できます。特に妊娠中の女性の場合、カフェインを摂取することを避けるためにもカフェインレスの健康茶を意識的に取り入れることが得策です。カフェインは脳を活性化させますが、同時に眠りの質を妨げてしまいやすく、冷えを招きやすい副作用が生じる場合もあります。女性に好まれるブレンド茶にも注意が必要で、配合されている茶葉など、原材料を確認し、カフェインレスを選択します。女性を中心に人気となる黒大豆を原料にした健康茶を例とした場合、イソフラボンやアントシアニンが含まれています。大豆本来の栄養素を吸収しやすく、コレステロールの数値にも効果が期待されるお茶です。お腹が緩くなることもあるため、体調に配慮しながら、初めは目安とされる量の半量から試すことが副作用を抑えるテクニックです。漢方など、医療にも使用される自然・植物由来の茶葉も、人によっては浮腫や頭痛などの副作用が生じるケースもあります。摂取量を図りながら、上手に食生活に組み込むことで効果を実感できます。